ゆたかな生活圏づくりへ、フジ技研は最良の. プロフェッショナルサービスを提供します。

測量・調査

測量技術は常に最新技術を導入し、道路・河川はもちろん、橋梁の建設や宅地造成など、より快適な地域環境づくりの基本となるのは測量技術。長年培ってきた技術と最新機器を駆使し、日々技術の研鑽に努めています。高品質な信頼される成果の提供を行っています。

測量は技術革新の目覚ましい分野ですので、常に最新技術の導入を心がけています。位置を知ることは「誰でも、いつでも、どこでも」と、様々な精度で進化し続けています。

自然と都市が共生するビジョンを的確に把握し、利用する人々の信頼に応えるため正確な情報を届けることが社会における測量の役割です。

測量部課長 金井俊雄

基準点測量

基準点測量は、測量を行う上で基礎となる測量です。基準点測量には、GNSS観測、 水準測量が含まれます。衛星を使用するGNSS及びトータルステーション等の機器を使用し、 角度・距離を測り、位置を求めます。基準点には、基本三角点、電子基準点、公共基準点などがあります。

現地測量

現地測量は、トータルステーションやGNSS測量機によるRTK法を用いて、 土地の起伏の状況や、自然物及び人工物の位置と形状を測定し、精度の高い数値地形図データを作成します。

路線測量

路線測量は、道路・水路等の建設のための調査、計画、設計及び維持管理に用いられる測量です。 路線測量には、線形決定、中心線測量、縦断測量、横断測量、用地幅杭設置測量などがあります。

河川測量

河川測量は、河川についての計画、維持管理などに必要な資料を得るため水位・水量観測、深浅測量、縦横断測量を行います。河川測量は定期的に継続して行うものであり、これらの成果は治水、利水の総合計画の資料として用いられます。

用地測量

用地測量は、道路、河川等の新設、改修時等に、用地取得等に必要な資料及び図面の作成をします。 一筆ごとに権利者に境界確認し、確認された境界点を境界測量により座標値を求めます。 求めた座標値より各筆の面積、取得用地面積及び残地面積を算出します。

デジタルマッピング

 デジタルマッピングは、地図情報を座標付で測定し、地物、地形等の地図情報をディジタル形式で数値地形図とする作業です。GISの用途はこれからいっそう高まるでしょう。高精度で高品質なDMデータを作成します。

このページの先頭に戻る